読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は旅である

旅好き遊び好き食好きアクティブブログ

【スポンサーリンク】

自由よりも不自由な方が幸せでもある

スポンサーリンク

よく自由になりたいとか自由最高!とか言いますよね。

 

時間的な自由や、金銭的な自由や、環境的な自由、

 

自由を謳い文句に『うぇーい俺は自由だこんなに幸せだ』とアピールをする事で何かしらに誘導したり、もたまにありますよね(笑)

 

僕は割と自由な方だと思います。

 

ここ数カ月でも目覚まし時計を使った回数って5回くらいなんですよね。

 

寝たい時に寝る起きたい時に起きる。

 

 

したい事をする。目的もなく何処かへ行く。嫌いな人とは会わない、そもそも会わないから嫌いな人も存在しない。といった感じで。

 

 

たまに自分の中で重要な用事の時のみアラームをかけていました。

 

 

で、今日も久しく重要な用事があったのでアラームをかけたんですよ。用事はお昼13時からだったので11時に設定しました。

 

アラームに慣れてないので思い切りスルーし友達からの電話で起きたのが12時45分。。

 

 

『わーやってまったー』と思いながらも相手の人がドタキャンし用事が流れる事を心の中で願い布団にもぐってしまいました。

 

連絡が来なければ寝ていいよな、とか考えながら20分程度起きてたのかな。気付いたらまた落ちてしまっていました。

 

 

 

そして15時に起床。

 

 

 

更に『やってまったー』と思いながらも元気満タンに、清々しい気持ちすらも感じました。

 

 

普段アラームなしで全力に寝るのとはまるで幸福の度合いが違うんですよね。

 

 

寝ちゃいけないけど寝たい…2度寝したらダメだけど寝たい…そんな誘惑と闘いながら寝る、または起きる、そんな経験って誰でもありますよね。

 

そんな時に寝てしまって、起きた時に『しまったー』とか思ってたら、実は寝てても良かったんだよって知った時の爽快感ってやばくないですか?

 

学校が台風で休みになり2度寝するあの感覚です。

 

台風こいこい!みたいな。

 

自由に好きなだけ寝ていいよ、ってなると案外寝る事に関しての幸せ度数って減っちゃうんですよね。

 

食なんかもそうじゃないですか、空腹こそが最高の調味料というように我慢した後のご飯の美味さったらないです。

 

自由、って良い言葉ですし好きです。

 

が、不自由な中でもがいて勝ち取る自由。そしてまた不自由な中で頑張って得られる自由。

 

不自由だからこそ自由が幸せに感じれる。表裏一体だなーと今日2度寝をやらかして感じました。

 

毎日好きなだけ寝ていいよ何もしなくていいよってつまんないです。

 

不自由だからこそ自由に幸せを感じる、そんな自由を得るべく楽しむ。ですね。

 

ではでは