読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は旅である

旅好き遊び好き食好きアクティブブログ

【スポンサーリンク】

ドタキャンや遅刻された時の対処法

スポンサーリンク

僕は人を待つのが得意です。

 

待たされ慣れている+適当なので1時間待ちでも気にならず、最長で10時間の遅刻を待っていたことがあります。

 

そんな経験を経て学んだドタキャンや遅刻された時の対処法を綴ります。

 

 

まずドタキャンや遅刻をくらっても怒ってはいけないです。

 

いけないことはないのですが怒っても自分が損をしますからね、ドタや遅刻した相手が損をするのではなく自分が損をしてしまいます。

 

 

それが何故かというと怒りはそれそのものがストレスですし、怒り狂った状態では感情任せにやらかしてしまう確率も上がりますからね。

 

 

八つ当たりしてしまったり、イライラして判断ミスしたり、その後の時間にもマイナスの影響を与えてしまいます。

 

 

しかもドタにしろ遅刻にしろされてしまったらもう確定している訳なので怒っても相手を責めても何しても状況は変わりません。

 

 

それだったらせめて一番プラスになるであろう選択をした方がいいですよね。

 

 

まずは怒らないこと、そして気にしない事です。

 

もっと言えば「おお、時間が浮いたぜ」くらいに気楽に考えるのがいいです。

 

そしてアクションに関しては、

 

空き時間に合わせて今までにした事がない事や、今までに行った事ない場所やお店に行ったり、何か初めての事をやってみるのが良いです。

 

新しい発見ができますからね、新しい出逢いなんかもあったりします。

 

 

相手が遅刻してくれたおかげで、今までになかったナニカを得る事ができるんですよ。

 

 

もしかしたら後にそれが自分の中では大きなコトになるかもしれないです。

 

 

そう考えたら相手の遅刻やドタなんてラッキーくらいにも思えるようになります。

 

 

ボーッと待っている時間もそんなに悪くはないですしね、全ては考え方一つです。

 

 

今日僕は2時間以上の遅刻をくらい、一瞬「げっ!」となったんですが、すぐに発想を切り替えて遊びに出かけました。

 

 

ただ街を散歩しているだけですが天気が良く気持ちも良いです、カフェはコーヒーが美味しくホッとした気持ちになります。

 

 

そんな時間を過ごせば遅刻した相手に対する負の気持ちなんて消えますからね。

 

 

相手にとっても自分にとってもプラスです。

 

 

ドタキャンや遅刻された時は気を抜いて今までになかった経験や行動を選んでみる!と良いです。

 

 

今をガチで生きる!